【薬剤師不要論者に見て欲しい】アンサングシンデレラ1巻レビュー|薬剤師漫画

5.0
コラム
キメ子
キメ子

突然ですが、みなさんは薬剤師さんの仕事のこと。理解していますか?

  • 医者に症状とか色々話したのに、何でまた薬局で説明しないといけないの?
  • 急いでるんだからさっさと薬を渡してほしい
  • 薬出すだけなのに何でこんなに待たされるの?
  • 大した仕事して無さそうなのになんで年収高いの?

こういった疑問を持っている方もいるかと思います。

キメ子も恥ずかしながら「薬を処方箋に沿って出すだけなのに、なんでこんなに時間がかかるんだ?」と思っていました。

みなさんもそんな風に感じたことはありませんか?

でもそれってすごく単純な話で、「薬剤師さんの仕事を全然知らない」からなんです。

実は薬剤師さんの仕事は世の中には必須で、日本の医療を影から支えている職業だったんです。

そこを気づかせてくれたのが、この漫画「アンサングシンデレラ」です。

私も薬剤師向けのメディアを作ろうと、薬剤師さんのことを調べようとしなければ、一生知らなかったかもしれません。

だからこそ、もっと一般層に認知してほしくてこのレビューを書いています。

キメ子
キメ子

今回はそんなアンサングシンデレラのレビューをするのです!この記事を読んだ人の薬剤師さんへのイメージが変われば嬉しいのです。

 

この記事の編集者
キメ子@薬剤師KING編集長

当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。薬剤師様と現役の転職エージェント様の助言をいただきながら、中立的で正しい情報提供を心掛けています。

キメ子@薬剤師KING編集長をフォローする

アンサングシンデレラってどんな漫画なの?

画像出典:アンサングシンデレラ1巻 45P

このアンサングシンデレラは、病院薬剤師の「葵 みどり」が日々葛藤しながら成長していく医療漫画です。

上の画像の女の子が主人公のみどりです。けいおんのムギちゃんにみたいに眉毛がぶっとくて可愛いですね。

この子に焦点を当てて物語が進んでいきます。

ちなみにこのアンサングシンデレラは、現役の病院薬剤師である富野浩充さんが医療原案を担当しています。

その他の病院の薬剤部、薬剤科、全国の薬剤師様の取材によって作られています。

私のツイッターのTL内でも結構話題が流れていて、現役の薬剤師さんの間でも評判は良いみたいです。Amazonレビューも好評です。

キメ子
キメ子

アンサングシンデレラはこんな感じの漫画なのです!個人的には荒井ママレの絵が好きなのですっ!

 

アンサングシンデレラの見どころは

画像出典:アンサングシンデレラ1巻 79P

それは主人公のみどりが奮闘しながら、患者と医療体制と全力で向き合っていくところですね。

この漫画の根幹ともなっている部分です。

少し話がそれますが、日本ドラマでは医者と刑事ものが堅実で数字が取れると言われています。その背景には・・・

  • 明確な権力者による対立構造を描きやすい
  • 仕事を通じて生と死を描きやすい
  • 患者を通じて視聴者が感情移入しやすい
  • 身近な存在でありながら一般層には神秘性がある
  • 古い体制に一矢報いることでカタルシスを得られやすい

といったドラマ性を描きやすいところがあると考えています。アンサングシンデレラもこういったエッセンスが含まれています。

ただ決定的に違うのは、この漫画は医者ではなく薬剤師にスポットライトを当てている点です。

医者関連の作品は、すでに飽和状態でマンネリ感すらあります。

薬剤師にスポットライト当てた作品はあまりなく、逆に新鮮な気持ちで読むことができました。

キメ子
キメ子

地味にドラマ化しやすそうな漫画だと思ったのです。キメ子的にはNHKあたりでドラマ化しそうな感じなのです!

 

アンサングシンデレラで描かれる薬剤師の仕事とは?

このアンサングシンデレラという漫画では、病院薬剤師である仕事風景が描かれています。

私も恥ずかしながら「薬を処方箋に沿って出すだけなのに、なんでこんなに時間がかかるんだ?」と思っていました。

でも実際はそうではありませんでした。

  1. 【処方箋監査】処方箋の内容を確認
  2. 疑義照会】処方箋に疑問点や不明点があれば、医師に内容を確認
  3. 【調剤】処方箋に沿って医薬品を準備
  4. 【最終監査】調剤されたお薬の再確認を行う
  5. 【服薬指導】患者にお薬を渡して、効能、用法容量などを説明

といった感じで薬を出すまでに、何回もチェックをかけているんです。

画像出典:アンサングシンデレラ1巻 52P

実際に漫画を読んでいただくとわかるのですが、医師に処方箋の疑問点を確認する疑義照会はとても重要な業務だと気付きます。

というのも医者も人間なので、普通に処方を間違えることはあるからです。

同系統の医薬品を処方していたり、併用できない医薬品が処方されていたり、処方量が間違っていたなど様々です。

そういった点を監査して、代替え案を提案してくれている薬剤師さんの存在は無くてはならない存在だと感じています。

キメ子
キメ子

薬を飲んだことがある人なら世話になっているはずの薬剤師さんですが、その仕事内容を把握している人は少ないです。
 
もっと社会的に認知されたらいいなと、切に願っているのです!

 

アンサングシンデレラの個人的に印象深かったシーン

キメ子
キメ子

続けてキメ子的に印象深かったシーンを紹介するのです!

画像出典:アンサングシンデレラ1巻 80P

それは薬が苦いと飲んでくれない子供の母親に対して、クラリスロマイシンという医薬品の服薬指導をしているシーンです。

そう子供って一度でも苦いと感じたら、薬を全然飲んでくれないんですよね。

大人は飲まなくちゃ治らないと分かっているから飲みますが、子供はそういう理屈は通用しません。

自分も子供がいるので、薬を飲ませるときは本当に苦労した記憶があります。

画像出典:アンサングシンデレラ1巻 81P

そして印象に残ったのがここです。

クラリスロマイシンをオレンジジュースと一緒に飲ませたら、めちゃくちゃ苦くて母親が悶絶しているシーンです。

この医薬品は甘味料で苦みをコーティングしているのですが、酸性のものと一緒に取るとそのコーティングが剥がれてしまうんです。

実はこれは私もやってしまったことがあります。

子供が普通の水では飲んでくれないので、リンゴジュースに混ぜて飲ませたらものすごく苦いって子供が吐き出しちゃったんですね。

子供がいる家庭の場合は、似たような経験があるんじゃないでしょうか。

キメ子
キメ子

薬は飲み方はすごく大事なんだなって痛感しました。薬剤師さんから服薬指導を受けた時はしっかり耳を傾けたいものです。

 

アンサングシンデレラを読んでみて思ったこと

画像出典:アンサングシンデレラ1巻 184P

それは薬剤師さんの仕事のことを、全然わかってなかったんだなということです。

世間一般での薬剤師への認識というのは、薬を出すための窓口というイメージというのが強いと思います。

というのも薬剤師の仕事が、世間に知られていないことが原因だと思います。

だから薬剤師不要論みたいな、的外れな意見が出てきてるのかもしれません。

少なくとも生まれてから全く薬を飲んだことがない人って、ほぼいないと思うんですよ。

殆どの人は薬剤師さんにお世話になっているはずです。

そしてこれから超高齢化社会に突入するに辺り、薬剤師さんに世話になる人ももっと増えると思います。

だからこそもっと薬剤師さんのことを知ってほしいと感じました。

薬の待ち時間は、実はあなたの健康を守るために必要な確認をしている時間。

そう考えてみると、待ち時間も気にならなくなるのではないでしょうか。そうアンサングシンデレラを読んで思いました。

キメ子
キメ子

アンサングシンデレラ面白い漫画なので、興味があったら読んでみてくださいね。今は全三巻まで出ていておすすめです。

→アンサングシンデレラをAmazonでチェックする

 

この記事の編集者
キメ子@薬剤師KING編集長

当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。薬剤師様と現役の転職エージェント様の助言をいただきながら、中立的で正しい情報提供を心掛けています。

キメ子@薬剤師KING編集長をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コラム
あなたに最適な薬剤師転職サイトを簡単診断!

薬剤師の転職サイトは、ランキングで選ぶのは少し危険です。

なぜなら転職サイトごとに強実のある求人や、サポート体制に違いがあるからです。

本当に大事なのは、あなたに本当に合っている転職サイトを登録することです。

こちらでは質問に答えるだけで、今のあなたに最適な転職サイトを診断します!

薬剤師KING

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました