薬剤師が高収入を目指せる転職方法!時給が高い職場と年収を上げるポイント

薬剤師転職
キメ子
キメ子

初めまして!キメ子( @kimeko01)と申します。こちらでは高収入を狙える転職方法について解説します。

薬剤師が転職を考えるなら、職場によって年収が大幅に違っている事を知っておく必要があります。

初任給がよくても長く働いていると年収が他の職種と逆転してしまい、低賃金による不満が溜まってしまいます。

今後のキャリアを考えるなら、高収入が目指せる職場へスムーズに転職できるように、いくつかのポイントを頭に入れておきましょう。

この記事の編集者
キメ子@薬剤師KING編集長

当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。薬剤師様と現役の転職エージェント様の助言をいただきながら、中立的で正しい情報提供を心掛けています。

キメ子@薬剤師KING編集長をフォローする

LINEで無料で相談をしています

薬剤師が高収入を目指すなら職場はどこを狙うべきか

薬剤師が高収入を目指すなら転職先の状況について把握する必要があります。

分類 都市部エリア その他エリア
調剤薬局 年収507.1万円 年収522.1万円
ドラッグストア(調剤併設含む) 年収542.2万円 年収556.3万円
病院 年収467.2万円 年収490.8万円
企業(企業・医薬品卸・治験) 年収504.8万円 年収532.0万円

データ出典:業種別にみる薬剤師の平均年収 | 特集 | 薬キャリ 職場ナビ by m3.com

ちなみに薬キャリの提示している平均年収データは上記の通りです。大体の傾向はつかめるかと思います。

さらに職種による年収の違いなどをまとめてみました。

 

1.調剤薬局は平均年収は507~522万と標準レベルだが、地方求人はかなり狙い目

分類 区分 平均年収
調剤薬局 日本調剤 545万円
メディカル一光グループ(フラワー薬局) 508万円
クオールホールディングス(クオール薬局) 457万円

データ出典:四季報オンライン

首都圏では大手企業を中心に新規出店ラッシュが続いており、調剤薬局の求人数は多くなっています。

地方よりも首都圏の方が年収が多く思いがちですが、調剤薬局は特殊で首都圏と地方を比べると100万程の差がでるところもあり、地方の方が高くなっています。

これは地方の薬剤師の数が少ない現状があり、東北は薬剤師が不足しているため年収が高めです。

→調剤薬局への転職はこちら

 

2.ドラッグストアの平均年収は544~556万と高水準。出世をすれば年収はさらに上がる

分類 区分 平均年収
ドラッグストア マツモトキヨシホールディングス(マツモトキヨシ) 719万円
スギホールディングス(スギ薬局) 641万円
ウエルシアホールディングス(ウエルシア薬局) 757万円

データ出典:四季報オンライン

ドラッグストアに勤める薬剤師の年収は製薬会社に次いで高くなっています。

その中でも調剤併用型のドラッグストアでは薬剤師手当がついたり、管理薬剤師に昇進できるチャンスもある為、高収入を狙えるチャンスがたくさんあります。

他の薬剤師と比べても高水準ですが、より高収入を目指すなら調剤併用型のドラッグストアを狙って転職しましょう。

→ドラッグストアへの転職はこちら

 

3.病院は基本的に収入は低め。収入よりもやりがい重視

分類 区分 平均年収
一般病院 国立病院 572万円
公立病院 607万円
公的病院 601万円
医療法人(民間病院) 502万円

データ出典:厚生労働省 医療経済実態調査医療機関等調査

病院薬剤師の年収は、他の薬剤師と比べて低めに設定されています。

しかし最先端の医療に触れられたり、薬剤師としてのスキルアップが見込める事などからやりがいがあり、とても人気の高い職場です。

また民間病院では昇給は難しいのですが、公立病院は公務員扱いなので昇給も見込めて給与は高めになります。

→病院への転職はこちら

 

4.企業は長く勤めると高収入。大手製薬会社のMR職は年収1000万以上も可能

分類 区分 平均年収
製薬企業 小林製薬 689万円
大正製薬ホールディングス(大正製薬) 924万円
ロート製薬 737万円

データ出典:四季報オンライン

企業薬剤師への転職は求人数が少なく、難易度が高いですが、他の薬剤師職と比べても年収が高く高待遇になる可能性があります。

特に大手製薬会社のMR職は年収が高く、30歳で1,000万近く稼ぐ事ができる職種です。

ちなみにDODAのデータによると、MR職の平均年収は709万円、医薬品メーカーの平均年収は611万円となっています。

→企業への転職はこちら

 

一番の高収入は製薬会社で昇進すること。しかし現実的なのは地方の調剤薬局

MR職の年収は、他の薬剤師と比べてもずば抜けて高い事がわかりました。

あなたが経験を積んだあとに転職を考えた時、年齢が25歳程度である場合には製薬会社にチャンレンジする選択肢もありです。

ただし非常に難しいです。ただし薬剤師以外の一般の応募者と競合するため、狭き門であることを意識しておくべきです。

普通に高収入を目指すなら地方の調剤薬局がオススメです。

調剤薬局はドラッグストアと比べても拘束時間が短く、前に述べたように地方ほど高収入が狙えます。

管理薬剤師などの役職につくと、もっと高い収入が見込めますので地方の調剤薬局は狙い目です。

 

地方の薬剤師のほうが都市部より高収入な理由

なぜ地方の薬剤師の方が都市部よりも高収入なのでしょうか?その理由について解説します。

 

1.地方は薬剤師が不足しているため好待遇の求人が多い

前述にもありますが、地方によっては大学に薬学部がないところもあり、都市部と比べて圧倒的に薬剤師が不足しています。

特に薬学部がないような鹿児島県などの地域では、求人に対して薬剤師が不足しており、高待遇で求人を出しているのが現状です。

 

2.都心と比較して土地や物価が安いため、自由に使えるお金が多い

地方になればなるほど高収入を見込める一方、都心と比較すると土地や物価が安い為、貯金したり、趣味に使ったりなど自由に使えるお金も多くなります。

趣味を満喫させるなど精神的にも身体的にも余裕のある生活をおくるなら、地方勤務は魅力のある働き方だと言えます。

 

薬剤師が転職で年収を上げる6つの方法

この記事では転職を機に年収をあげる6つの方法をご紹介します。

 

1.まだ20代ならば大手製薬企業のMR職に転職する

あなたが転職を考えている年齢が25歳〜35歳程度なら、大手製薬企業のMR職がオススメです。

MR職は勤務年数が上がるほど高収入が望めますので大変人気の職種です。

チャンスがあればMR職の転職がオススメです。ただし薬剤師以外の一般の応募者と競合するため、狭き門であることを意識しておくべきです。

 

2.地方の調剤薬局などの高待遇求人を狙ってみる

地方では薬剤師不足の為、高待遇での求人が多くあります。

経験やタイミングによっては最初から役職をもらえる事もあり、好条件での転職が可能です。

 

3.転職に有利な資格を取得しておく

転職に有利な資格として「認定薬剤師」があります。認定薬剤師制度のもと、特定の条件を満たした薬剤師を認定する資格です。

この資格を取得しておく事で、転職市場においても有利に働きますので取得しておく事をオススメします。

他にも転職に有利に働く資格を掲載しておきます。

※その他主要な薬剤師の資格一覧はこちら。

 

4.転職を機に管理薬剤師になる

求人によっては管理薬剤師として募集しているものがあり、転職を機にすぐに役職につける可能性があります。

薬局の規模によっては経営を任されたりなど色々なチャンスがもらえる可能性が高まります。

一般薬剤師と比べても管理薬剤師の給料は高収入になる可能性が高いので、転職を機に管理薬剤師になるのもオススメです。

 

5.年収アップに強い転職サイトを活用してみる

スキルアップ・年収アップ可能なオーダーメイド求人が魅力

登録

→口コミを見る

大手企業や製薬企業の求人が見つかりやすい

登録

→口コミを見る

求人の量と質が両方ともトップクラスだから

登録

転職サイトには年収アップに強いところがあり、上記3つのサイトは最も優れています。

求人の量と質がトップクラスであり、キャリアコンサルタントがあなたの条件を満たした高収入の求人を見つけだしてくれます。

 

6.スキルアップには繋がらないが高時給の派遣薬剤師として働いてみる

→口コミを見る

派遣の求人が多い

登録

派遣の求人が非常に多い

登録

→口コミを見る

派遣の求人が多い

登録

派遣求人に強いサイトは上記の3つです。

子育てなどの事情があり、今は高時給の派遣薬剤師として働く事を考えているのなら高時給派遣の求人を多く取り扱っている上記のサイトへ登録する事がオススメです。

高時給派遣で働いている人の多くがこのサイトを利用して転職に成功しているため、派遣を考えているなら、この2つに登録してより条件のいい派遣をみつけましょう。

 

薬剤師が転職で高収入を狙う方法まとめ

薬剤師が転職で高収入を狙える方法は、大手製薬企業のMR職に転職する事です。

ですがMR職の求人は他と比べて圧倒的に狭き門なので、他を考えている場合には地方の調剤薬局がオススメです。

転職サイトに登録すると、条件に見合った求人をコンサルタントが見つけ出してくれるので、たくさんの求人の中から好条件のものを選ぶ事ができます。

病院や企業などと結びつきが強いキャリアコンサルタントは、非公開求人も紹介してくれるので、転職を考えているなら一度相談してみましょう。

キメ子
キメ子

以上が薬剤師が転職で高収入を狙う方法です。転職難易度を考えると高待遇な薬局を探すのが一番現実的かもしれませんね。

 

自分の年収に不満のある方は、一度転職を検討してみる価値はあると思います。

 

現在の年収400万前後であれば、転職で年収が上がる可能性は十分になるのでおすすめですよ。

→薬剤師転職の記事をもっと見る

 

※こちらの記事は広告リンクを含んでいます。広告掲載ポリシーに沿って広告を掲載しており、転職サイトはすべて無料で利用可能です。

またキャリアコンサルタントの質にはバラつきがあります。

今後のキャリアに影響を与える大事な要素なので、複数サイト登録をしてコンサルタントを比較しましょう。

それと転職活動が正解ではないケースもあります。あえて転職せずに、今の職場で努力する選択肢も忘れないでください。

情報の正確性には細心の注意を払っていますが、間違っている情報があればコメント欄で指摘して頂けるとありがたいです。

メディアに掲載している情報で不明点があるならば、お問い合わせフォームかコメント、LINE@からご連絡ください。

併せてメディアコンセプトもご覧ください。
この記事の編集者
キメ子@薬剤師KING編集長

当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。薬剤師様と現役の転職エージェント様の助言をいただきながら、中立的で正しい情報提供を心掛けています。

キメ子@薬剤師KING編集長をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
薬剤師転職
あなたに最適な薬剤師転職サイトを簡単診断!

薬剤師の転職サイトは、ランキングで選ぶのは少し危険です。

なぜなら転職サイトごとに強実のある求人や、サポート体制に違いがあるからです。

本当に大事なのは、あなたに本当に合っている転職サイトを登録することです。

こちらでは質問に答えるだけで、今のあなたに最適な転職サイトを診断します!

薬剤師KING

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました