薬剤師未経験の転職は大変!成功するために気をつけたいこと

薬剤師転職
キメ子
キメ子

初めまして!キメ子( @kimeko01)と申します。こちらでは未経験での薬剤師転職について解説します。

異業種間の転職など、未経験での薬剤師転職はものすごく大変です。

転職を成功に導く為には職種選びや面接対策など、事前の対策が必要です。

スムーズな転職をする為には気をつけておきたい事がありますのでこの記事にまとめてみました。

この記事の編集者
キメ子@薬剤師KING編集長

当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。薬剤師様と現役の転職エージェント様の助言をいただきながら、中立的で正しい情報提供を心掛けています。

キメ子@薬剤師KING編集長をフォローする

LINEで無料で相談をしています

薬剤師は未経験でも比較的転職はしやすいが、転職後の苦労は多い

一般企業と比べて薬剤師は比較的転職がしやすい職業ですが、それでも転職後には苦労がつきものです。

具体的にどのような事が大変になるのかをまとめてみました。

 

1.仕事の内容が異なるため覚えるのが大変

薬剤師の職場では特定の職種での経験を問われる事が多く、異業種で未経験だと新たに仕事内容を覚える必要があるので新人扱いとなり、覚える事も多いので大変です。

転職後に研修を受けたり新たな事を覚えるチャレンジ精神がないと新しい職場に馴染めないといった不具合もでてきます。

 

2.必要なスキルが異なるため勉強が必要

職種によっては高いコミュニケーション能力や問題解決能力、適応力が求められる仕事もあり、調剤の知識だけでは通用しない業種があります。

病院や調剤薬局、ドラッグストアとは違い、企業への就職は薬剤業務以外の能力が求められる事も多く、スキルを磨く為の勉強が必要となります。

 

3.職場のルールが異なるため今までやり方が通用しない

転職をする薬剤師はこれまで培ってきた経験やキャリアなどから自己判断して行動しがちです。

しかし、実際は職場ごとのやり方やルールが決まっており、それらをないがしろにしてしまうと人間関係が悪くなってしまいます。

たとえ経験があっても転職先では新人であり、先輩薬剤師のやり方や手順を見ながら仕事を進める必要があります。

 

未経験でも転職しやすいとされる職場

異業種間の転職だと未経験なので不安がつきものですよね。

そこで、未経験でも比較的転職しやすいとされる職場をまとめてみました。

 

1.調剤薬局:大手は研修制度が充実している場合が多いから

大手の調剤薬局は研修制度が整っている場合が多く、未経験でも比較的問題なく転職が可能です。

また、研修制度がないような中小規模の調剤薬局でも先輩薬剤師がじっくりと指導してくれるので問題ありません。

最初はピッキング作業が遅くて他の薬剤師さんに迷惑をかけてしまったり、プレッシャーを感じてしまう事もあるかと思いますが日数が経つにつれ慣れていくので大丈夫です。

→調剤薬局への転職はこちら

 

2.ドラッグストア:同じく研修制度が充実している場合が多いから

ドラッグストアでは新人研修以外にもベテラン薬剤師のスキルアップ研修など様々な研修制度が設けられています。

ドラッグストアによっては求人募集に中途向け研修制度が充実しているなどの記載もあり、薬剤師向けに研修を実施する会社が数多くあります。

実際に現場で学ぶ事の方が情報量が多くなりますが、事前に中途向け研修制度を利用できると安心できますよね。

→ドラッグストアへの転職はこちら

 

3.慢性期病院:病院の中では比較的業務に慣れやすいから

慢性期病院は急性期病院とは違い、高度な医療を提供することはほぼありません。

外来が圧倒的に少なく、外来自体がないケースもあるので処方内容に偏りがあります。

治験業務ないので学会発表や研究の機会もほぼなく、よく言えば落ち着いて仕事ができる職場です。

慢性期病院の薬剤師の役割は決まった処方に基づいて患者さんの容体が悪化するのを防ぐことなので落ち着いて仕事ができ、業務にも慣れやすいのです。

→病院薬剤師への転職はこちら

キメ子
キメ子

未経験でも比較的転職しやすいとされる職場は、こんな感じなのです。参考になれば幸いなのです。

 

未経験だと転職が難しい。実務経験が要求される職場

以下の職種では実務経験が必要とされ、未経験だと転職が非常に難しいとされています。

 

1.急性期病院

急性期病院では患者様の容体が日々変化していくので処方箋の内容や薬の種類も変わっていきます。

外来から入院してくる患者様や容体の急変などに対応しなければならず、突発的な仕事が多く、非常に忙しい職場です。

臨機応変な対応が求められるので薬剤師としての経験や知識が非常に問われます。

 

2.大学病院

大学病院は一般病院よりも多くの診療科目を設置いる事から様々な診療科の薬剤を取り扱う事になります。

多くの薬剤を取り扱う分知識や経験が問われる職場です。

大学病院では薬剤師もチーム医療の一員なのでただ薬を調合して終わりというわけではなく診察や回診に加わる事もあります。

治験に関わったり、最新医療を学べる事もあり人気の職場ですが求人数も少なく、あまり中途採用も行われていないのが現状です。

 

3.製薬会社のMR職

大手製薬会社のMR職は年収が非常に高く、30歳で1000万近く稼ぐ事ができる業種です。

一般的にMR職への転職は25歳〜35歳程度まで可能だと言われています。

それでも年齢があがるにつれ実績が求められるので、35歳ぎりぎりでの転職活動だと秀でた営業実績があるなどのアピールポイントが必要です。

 

4.製薬会社の研究職

薬剤師としてすでに就職してしまってその後の転職を考えているのなら、一度実験から離れた薬剤師を正社員として採用してくれるケースはほぼないと言っていいでしょう。

研究補助という形であれば募集されるケースもあるので可能性が全くないとはいいきれませんが研究補助は時給換算になってしまいます。

雇用期間も1年未満とされている事が多く、最初から正社員の研究職と比べて雇用条件も悪い為、オススメできません。

 

未経験の転職が難しくなるパターン

職場関係なく未経験の転職が難しくなるケースは以下の通りです。

 

1.調剤未経験であること

あなたが転職を考えている年齢にもよりますが、今後長く薬剤師として働くなら調剤経験は必須です。

ドラッグストアでも最近では調剤薬局併用型のものが多くなっており、中途採用の場合は特に調剤経験が問われてしまいます。

今後のキャリアを考えても、40代以降は調剤経験の有無で求人数も大幅に変わってきますので可能性を広げる為にも調剤経験は若いうちに積むべきです。

キメ子
キメ子

ただ調剤未経験であっても転職自体は問題なく出来たりもします。人柄などが評価され採用に至るケースもあるからです。

 

ただ調剤経験は薬剤師の財産なので、定年後も働きたいなら調剤経験を積むことは意識しておきましょう!

 

2.短期間で転職を何度も繰り返している

職場の規模などにこだわりがなければ採用される事が多いとされる薬剤師ですが、転職歴が多すぎると断られる可能性が高くなります。

採用する側はあなたに長く働いてもらいたいと考えている為、採用して数年でやめてしまう事は避けたいと考えています。

薬剤師は比較的転職が多い職種なのですが、短期間に何度も転職を繰り返していると不利になるケースはあります。

キメ子
キメ子

薬剤師さんは転職回数は一般職と比較して、かなり許容される傾向にあります。

 

ただ転職回数が多くて不利になることはあれど、有利に働くケースは少ないので注意しておきましょう。

 

薬剤師未経験でも転職成功させるコツ

薬剤師未経験でも転職を成功させるコツがあります。

ちょっとしたポイントでも頭にいれておくだけで全く違うので、転職の際の参考にしてみてください。

 

1.未経験者でも転職しやすい職場を狙う

年齢にもよりますが、薬剤師未経験だと転職しにくい職場があるので比較的未経験でも転職しやすい職場を狙う事が大切です。

  1. ドラッグストア
  2. 調剤薬局
  3. 慢性期病院

以上の3つの業種は未経験でも転職が可能だと言われています。

特にドラッグストアと調剤薬局は業界大手の企業が市場を占めており、研修制度が整っている事から未経験でも受け入れてもらえます。

 

2.未経験はハッキリ言って不利。面接でいかにカバーできるかを考える

転職先への応募者の年齢などの条件が一緒の場合、未経験者よりも経験者が採用されてしまいます。

未経験での転職は不利である事を踏まえた上で面接対策を行う事が大切です。

面接官は未経験者だと「すぐに転職してしまうのではないか」といった疑念をもってしまいます。

なぜその職場で働きたいのか、未経験な業種にチャレンジする意図などを明確に伝えられるようにしっかりと対策をしましょう。

 

3.転職サイトのコンサルタントに相談をする

転職サイトに登録すると無料でキャリアコンサルタントに相談する事ができます。

優秀な担当さんに当たると好条件の非公開求人などを紹介してもらえたり、転職活動のサポートも手厚く早くいい条件で転職する事ができる可能性が高まります。

複数登録する事で自分と合う担当者を探す事ができるのでまずはいくつか転職サイトに登録して相談しやすいキャリアコンサルタントを見つける事をオススメします。

 

薬剤師資格があれば未経験でも転職できる!諦めない!

薬剤師資格があれば未経験でも転職する事が可能です。

しかし、好条件の求人はその分ライバルも強い為、転職に有利な資格や経験を積んでおく事も必要です。

転職サイトに登録する事でキャリアコンサルタントに相談して、自分にあった求人を複数みつけて比較する事ができます。

未経験でもすぐに諦めずに、まずは条件の合う求人を見つける事から始めてみましょう。

キメ子
キメ子

薬剤師は職場さえ選べば、未経験でも全然問題なく転職は出来ます!

 

確かに一般求職者と戦うことになるMR職や、急性期病院の薬剤師のように経験者優遇の職場は存在します。

 

しかし中小の薬局などは、未経験者歓迎の場所も多いので安心して転職活動を行いましょう。

→薬剤師転職の記事をもっと見る

 

※情報の正確性には細心の注意を払っていますが、間違っている情報があればコメント欄で指摘して頂けるとありがたいです。

メディアに掲載している情報で不明点があるならば、お問い合わせフォームかコメント、LINE@からご連絡ください。

併せてメディアコンセプトもご覧ください。
この記事の編集者
キメ子@薬剤師KING編集長

当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。薬剤師様と現役の転職エージェント様の助言をいただきながら、中立的で正しい情報提供を心掛けています。

キメ子@薬剤師KING編集長をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
薬剤師転職
あなたに最適な薬剤師転職サイトを簡単診断!

薬剤師の転職サイトは、ランキングで選ぶのは少し危険です。

なぜなら転職サイトごとに強実のある求人や、サポート体制に違いがあるからです。

本当に大事なのは、あなたに本当に合っている転職サイトを登録することです。

こちらでは質問に答えるだけで、今のあなたに最適な転職サイトを診断します!

薬剤師KING

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました