薬剤師転職の成功の流れ!失敗しないための方法と転職活動期間

薬剤師転職
キメ子
キメ子

初めまして!キメ子( @kimeko01)と申します。こちらでは薬剤師の転職の流れを解説しています。

薬剤師転職を失敗しないためにも、事前に転職する際の流れを頭に入れて置く事が必要です。

退職後に活動を始めるのか、在職中に活動を始めるのかは個人の置かれた状況によって左右されます。

まずは基本的な流れを頭にいれながら自分がどのようにしたらいいのかを考えてみましょう。

この記事の編集者
キメ子@薬剤師KING編集長

当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。薬剤師様と現役の転職エージェント様の助言をいただきながら、中立的で正しい情報提供を心掛けています。

キメ子@薬剤師KING編集長をフォローする

LINEで無料で相談をしています

薬剤師転職にかかる期間は約1ヶ月

薬剤師が転職にかかる期間は約1ヶ月だと言われています。

まず転職活動をする時は今の職場とどう折り合いをつけるのかが問題となってきます。

 

薬剤師転職はいつから?在職中・離職後?

薬剤師転職は在職中と離職後はどちらが最もベストなタイミングなのでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットを調べてみました。

 

1.在職中のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 金銭面の不安がない
  • 精神的に余裕がある
  • 焦らずに希望通りの求人を探す事ができる
  • 希望の求人がみつからなくても問題ない
  • 情報収集する時間を確保できない
  • 入社日までに退職できないと採用に支障がでる

在職中に転職活動をする事はメリットが多く、自分に合った転職先を見つける事ができます。

焦りがでると妥協点が大きくなるので、余裕をもって転職する為には、在職中に転職サイトに登録して情報収集を行う事が大切です。

 

2.退職後のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 面接日や入社日を先方に合わせられる
  • 転職活動の時間を確保できる
  • 精神面での余裕がなくなる
  • 金銭面での不安が大きい

退職後に転職活動をする主なメリットは転職活動の時間を十分に確保できる事です。

面接日も先方に合わせたりなど融通が効くので比較的早く転職先を見つける事ができます。

一番懸念されるデメリットは、金銭面での不安が原因で精神的な余裕がなくなる事なので、退職後に転職活動をするならある程度の貯蓄が必要です。

 

薬剤師転職の基本的な流れ

キメ子
キメ子

こちらでは基本的な転職の流れを解説します。

 

転職するタイミングに関しては「薬剤師転職は何年目が最適?新卒3年目で転職する人が多い理由」をごらんください!

 

1.就業規則の確認

ちなみに転職を考えた時に、真っ先に確認すべきは就業規則です。

一般的には1~2か月前、民法的には2週間前に伝えれば良いことになっていますが、就業規則では3か月前に伝えると定められている場合があります。

法的には退職者が圧倒的に有利なのですが、これはもめ事を避ける、円満退社をするという観点から確認しておきましょう。

 

2.自己分析

転職を考えるなら、まずは自己分析が大切です。

今までの薬剤師として経験してきた事を振り返り、これだけは人に負けないという自分の強みを見つけます。

そして転職先に求めるものをはっきりさせ、実現させたいキャリアを明確にさせる事が大切です。

最後は長期的な目線で見て、どのような薬剤師になりたいかを具体化します。

 

3.転職条件に優先順位をつける

転職を考えているなら転職に求めている条件に優先順位をつける事が理想的な転職をする為に役立ちます。

転職をする際には色々な個人の事情があると思いますが、どの職場でもすべての条件をベストな形にもっていく事は困難です。

なにかしら妥協点がでてくるはずです。

そこできちんと優先順位をつけておかないと、いざ転職した際に大きなずれが生じてしまいます。

転職してから後悔しないためにも、絶対にゆずれない条件は書き出して把握しておく事が大切です。

 

4.複数の転職サイトに登録

転職サイトに登録すると、専任のキャリアコンサルタントが付きますので、転職のプロとして希望条件に合ったものを無料で紹介してくれます。

転職サイトによっては企業への転職に強かったり、病院での転職に強かったりなど特徴があります。

そして意識してほしいのはキャリアコンサルタントの比較です。

キャリアコンサルタントの質はマチマチです。一定確率で新人が担当になってしまう場合もあります。

ですから必ずキャリアコンサルタントを比較して、優秀なコンサルタントがいる転職サイトをメインで使いましょう。

 

5.求人紹介・求人情報収集

転職サイトに登録後はキャリアコンサルタントに求人を無料で紹介してもらう事ができます。

キャリアコンサルタントは転職のプロですので、転職条件などをきちんと伝えて自分にあった求人を紹介してもらいましょう。

複数の転職サイトに登録していると、非公開求人も含めてたくさんの情報を収集する事ができるようになります。

1サイトだけで情報を収集すると情報が偏ってしまう事になりますので、複数サイトをみて、より条件に合った情報を収集する事が大切です。

 

6.面接対策・面接

就職活動からしばらく離れていると、面接時の服装や立ち振る舞いなど不安になる事も多いですよね。

キャリアコンサルタントは薬剤師転職のプロですので、面接時に気をつけておきたい事や、よくある質問などたくさんのアドバイスを貰う事ができます。

 

7.内定・入社の準備

内定通知書が届いたら、きちんと労働条件を確認して、面接で話した内容と異なる点や不明瞭な点がないかを確認しましょう。

入社準備にとりかかるには前職から受け取らなければならないものがあります。

  • 薬剤師免許証(預けている場合)
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者証

転職先の会社へ提出しなけらばならないものもありますので会社に預けている場合はきちんと返却してもらいましょう。

 

薬剤師の転職を成功に導く4つのコツ

薬剤師の転職を成功に導く為のコツをまとめました。

参考までにごらんください。

 

1.徹底的に情報収集をする

せっかく転職したのにすぐに辞めてしまうと経験も積めない上に次の転職は厳しいものになりがちです。

後悔しないためにも、自分にあった転職先を見つけなければなりません。

その為にも少ない数の情報をみただけで決めたりせず、徹底的に情報収集をしてその中から選ぶ事が大切です。

 

2.有利な資格を取得しておく

転職をする際に、あらかじめ資格を習得しておくことは給料面でも待遇面でも有利になります。

以下に転職に有利とされる資格を載せておきます。

※その他主要な薬剤師の資格一覧はこちら。

将来的にもキャリアアップを図るなら資格の習得は必須なのでチャンスがあればとるようにしておきましょう。

 

3.職場見学をする

求人票だけではその職場の中身はみえませんよね。

転職サイトを利用すると担当コンサル付き添いのもと、職場見学をする事ができるので入社してからの違和感を防ぐ事ができます。

入社後に感じるギャップを無くす為にも職場見学ができるなら利用しましょう。

 

4.コンサルタントを上手に付き合う

病院や薬局などによく足を運んでいるキャリアコンサルタントは、普段の様子を知っている事が多いので、自分が知り得ない現場の雰囲気を事前に教えてもらう事ができます。

複数の転職サイトに登録するとサイトごとに担当者がつくので、同じ職場だったとしても人によって感じ方が違う為、色々な人の意見を聞く事ができます。

コンサルタントと上手に付き合うのが、転職成功の鍵です。

 

まずは薬剤師転職サイトに登録しよう!

転職サイトを活用している人と活用していない人では、圧倒的に情報量が変わってくるので活用しない人の方が不利になります。

すぐに転職を考えている人でもそうでない人でも、無料でコンサルタントがつくので転職サイトに登録する事はメリットしかありません。

キャリアアップを目指したいなら転職サイトを活用して、情報収集をしながら転職活動をしましょう。

キメ子
キメ子

以上が転職活動の流れとなっています。大体の流れを把握したのであれば、転職サイトに登録して情報収集をしてみましょう!

→薬剤師転職の記事をもっと見る

 

※情報の正確性には細心の注意を払っていますが、間違っている情報があればコメント欄で指摘して頂けるとありがたいです。

メディアに掲載している情報で不明点があるならば、お問い合わせフォームかコメント、LINE@からご連絡ください。

併せてメディアコンセプトもご覧ください。
この記事の編集者
キメ子@薬剤師KING編集長

当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。薬剤師様と現役の転職エージェント様の助言をいただきながら、中立的で正しい情報提供を心掛けています。

キメ子@薬剤師KING編集長をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
薬剤師転職
あなたに最適な薬剤師転職サイトを簡単診断!

薬剤師の転職サイトは、ランキングで選ぶのは少し危険です。

なぜなら転職サイトごとに強実のある求人や、サポート体制に違いがあるからです。

本当に大事なのは、あなたに本当に合っている転職サイトを登録することです。

こちらでは質問に答えるだけで、今のあなたに最適な転職サイトを診断します!

薬剤師KING

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました